【淡路島一周!!】淡路島をバイクで一周してみた!! アワイチ#①

淡路島は日本列島の生みの親?!

瀬戸内海東部に位置する淡路島。日本国内では島としては主要4島を含め11番目に面積が大きく、瀬戸内海では最大面積の島で、人口は離島の中では最も多い約12万人。近畿地方の兵庫県に属し、北から淡路市・洲本市・南あわじ市の3市で区分される。日本神話の国産みの島としても知られています。

淡路島 – Wikipedia

という堅苦しい説明はこれまでにして、今回はバイク仲間のとある友達と2人で淡路島をバイクで一周してきました。この淡路島の外周(150km)を一周することを巷では「アワイチ」と呼ぶらしく、バイクだけでなく、自転車や、己の足で走るマラソンなどでも有名なコースらしいです。

驚愕の明石海峡大橋の通行料

圧倒的曇天

前日までの雲一つない晴れ予報はどこへ行ったのでしょう。気分が上がりません。

アワイチツーリングの始まりである淡路SAまでは、垂水ICから高速に乗って、世界一のつり橋である明石海峡大橋を渡るとすぐに出現します。明石海峡大橋の通行料は、ETC搭載の普通車で910円、軽四輪と二輪は760円です。しかし、現金車だと普通車で2410円、軽四輪と二輪は1940円約2.5倍の通行料です。なので、ETCを付けずに淡路島に行こうとしている人がいたら、縛り付けてボコボコにしてもいいのでETCを付けさせてください。そして、差額分で仲良く”しらす丼”でも食べてください。

誘惑たっぷりの道の駅あわじ

アワイチの起点となる場所が、明石海峡大橋の真下にある”道の駅あわじ”です。ここには淡路島バーガーや、玉ねぎの直売所、海鮮丼などが食べられるレストランがあります。正直、淡路SAよりも味も価格もここの方が断然良いので、これからは淡路SAは素通りでもいいような気がしました。

しっかり誘惑に負けて、まだ朝の10時で本日2食目の淡路島バーガー(650円)を食べました。650円でこのボリュームと美味しさは某ハンバーガチェーン店のマ〇ドナルドに引けを取りません。

一周は約150km

ここで、もう一度、「アワイチ」についておさらいします。

淡路島一周:158.45km

島の東側は比較的山道が多く、アップダウンが激しくなっています。島の西側は海沿いの景色が綺麗な道が多く、比較的平坦です。島には”道の駅あわじ”、”道の駅東浦ターミナルパーク”、”道の駅福良”、”道の駅うずしお”と合計4つの道の駅があります。

基本的に島を一周する場合、常に海が真横にある時計回りに進むのが定番です。

ついに出発!!

”道の駅あわじ”を出て、ついにアワイチツーリング開始!!!!

その模様は、次回の#2で公開!!

Follow me!